Jeffrey Wernick

Jeffrey Wernick氏は学部生、大学院生そして研究者としてシカゴ大学で経済、財務を研究してきました。Friedrich A. von Hayek氏やMilton Friedman氏、George J. Stigler氏などを含む多くのノーベル賞受賞者に師事しました。起業家や個人投資家、ビットコインへの初期投資者としても名を馳せています。 資産管理の面でも輝かしい経歴を持っています。個人資産管理だけでなく逆境での投資や破産しそうであったり業績低迷の会社などとも積極的に仕事をこなし、バランスシートの改善を通して着実に結果を残してきた。また、不動産、通貨、日用品、マイニングなど各分野に国内外への投資を積極的に行いました。 資産管理にとどまらず同氏はいまだに決着のつかない商談を多数抱えている。同時に不良債権に関する委員会のアドバイザーも務めている。個人としては担保の適性評価などの案件を政府機関とともに扱っています。 Wernick氏は当初、リスクマネジメント、信用担保、市場開発に特化したAVI Portfolio Services Company社の経営をしていました。 1984年、同社は大手保険会社に買収されました。デトロイト国立銀行のシニアファイナンシャルエコノミストを務め、リスク管理委員会、融資価格委員会、ALCO、クレジット委員会、住宅ローンファイナンスの委員長を歴任しました。デトロイト国立銀行に入行する前には定量分析で結果をおさめ、Salomon Brothersで会社とパートナーの資本を売買しました。学生時代はトレーダーとしても活躍していたという一面を持ちます。 また、OCC、シカゴ連邦準備銀行、サンフランシスコ連邦住宅ローン銀行、ハーバード大学、スタンフォード大学、シカゴ大学、ダボスフォーラム、ボアオフォーラムなどの客員教授を務めています。