Toshitada Nagumo Investor Fenox Japan with suits

Fenox Veture Capital Japan CEO

名雲 俊忠氏は、Fenox JapanのCEOで東京とアジアを拠点としています。日本の事業会社や機関投資家からファンドの資金調達を実施、彼らとのパートナーシップ構築を行い、大手企業のイノベーション活動を支援しています。また、投資対象となるスタートアップ企業の探索、評価やハンズオン支援なども実施しています。 これまで成長戦略コンサルティングや新規事業立ち上げ支援、起業支援、資金調達、M&A、IRコンサルティングなどを提供する株式会社スピネーカー・パートナーズを立ち上げ、CEOを10年以上勤めてきました。主にテレコム、メディア、IT、ハイテク分野を中心に、スタートアップ企業を含む日本及び国外の企業にサービスを提供、成果を上げてきました。スタートアップや新興企業の支援では、組込ソフト技術企業、ブロードバンド技術企業、モバイルソリューション企業、農業IT企業(IoT)、再生可能エネルギー企業、フィンテック企業など広範な実績を有しています。 株式会社スピネーカー・パートナーズ設立以前は、野村総合研究所(NRI)にて戦略コンサルティングサービスを提供し、主として国内大手上場企業や、欧米やアジアのグローバル外資系企業の戦略立案や事業開発支援、日本参入支援などに携わっていました。また、現在のIoTの前身とも言えるユビキタス・ネットワークやM2Mの開発・活用による市場創造に努め、執筆や講演活動も精力的に実施し、今日の情報技術革命の一翼を早期より担ってきました。NRI在職中には、NRIアメリカ(米国・ニューヨーク市)にも数年駐在し、米国最先端情報収集に基づき、日本企業の米国進出・事業拡大支援や、米国企業の日本参入のコンサルティングなどを提供するといった実績も多数保有しています。

Website