陳軼凡

中国弁護士 外国法事務弁護士 – 陳軼凡

虎門中央法律事務所世澤外国法事務律師事務所弁護士

陳軼凡中国弁護士は、2001年に日本文部省留学生として中央大学大学院法学研究科を卒業し、2011年1月1日にパートナーとして世澤律師事務所上海分所に入所。2014年12月1日、日本法務省の承認を経て日本弁護士連合会に登録完了し、虎門中央法律事務所世澤外国法事務律師事務所(外国法共同事業)の外国法事務弁護士(東京弁護士会所属)として日本にて執務を開始する。陳弁護士は、多数の中国企業及びその日本法人の対日投資、M&A及び日常経営管理においてぶつかる法律問題に関するリーガルサービスを提供し、関係する業種は製造、貿易、航空、インターネット及び金融など。

仮想通貨の分野では、陳弁護士が所属する「虎中・世澤」外国法共同事業チームは、クライアントが日本にて仮想通貨交換業に従事するために必要な資格及び手続などに関する法律意見書の提供、日本現地法人の設立、仮想通貨交換業者の登録申請及び仮想通貨交換業者の合併などの業務に対応。「虎中・世澤」外国法共同事業チームは、中国語を母語とし日本に常駐する中国弁護士を複数有するほか、ニューヨーク州弁護士資格及び海外駐在経験を有する日本弁護士を有し、クライアントに中国語、日本語、英語の三ヶ国語による法律サービスを提供することができる。

0