fbpx
financial services agency japan

Finally Coincheck got a license from Financial Services Agency by Japanese Government

マネックスグループで国内最大手のコインチェックが、改正資金決済法に基づく「仮想通貨交換業者」として、金融庁の認可登録を受けた(関東財務局登録番号:第14号)ことが発表された。

1018年1月26日にハッキング被害を受け、約580億円の仮想通貨XEMが不正流出したコインチェック。立ち入り検査や、2度に渡る「業務改善命令」を通じ、慎重に検討を進めてきた金融庁。今回、利用者保護の体制が十分に整ったと判断されたという。

出典:金融庁資料

本日、仮想通貨交換業の登録が発表されたコインチェックは、公式プレスリリースにて以下のように説明した。

これまで当社では、2018年1月の不正アクセスによる仮想通貨NEMの不正送金を受け、部分的にサービスを停止し、業務改善計画の策定とその実行を通じて経営管理態勢や内部管理態勢を改善するとともに、外部専門家の協力を受け、技術的な安全性を向上させてまいりました。そして、技術的な安全性の確認が完了したサービスより段階的に再開し、2018年11月26日には当社が取り扱う全ての仮想通貨について入出金、購入・売却が可能になりました。

2018年1月27日にコインチェック社から仮想通貨NEMが不正流出して以降、今年9月には国内大手取引所Zaifでも不正流出が発生するなど、混迷を極めた日本の仮想通貨市場。

金融庁の立入検査に伴う、「業務改善命令」などが相次ぐなどしたことで、業界のルール整備を最優先とし、200社ほどあるとされる仮想通貨交換業社への認可登録業務は後回しにされていた。

前日まで、金融庁認可済みの仮想通貨取引所は、16社あり、コインチェックのハッキング事件を踏まえて、全てのみなし事業者及び仮想通貨交換業者に「立入検査」を実施した結果、1社は登録拒否、12社に申請取下げの対応が実施されている。

国の認可を得ることで、金融庁の登録を済ませていない「みなし事業者」という立ち位置から脱却し、認可済みの仮想通貨取引所として運用できるようになる。

日本の仮想通貨市場は、ハッキングやICO詐欺など諸問題が立て続けに発生したことで、市場規模拡大および関連業界の業容拡大を優先するスタンスから、規制強化と利用者保護の方針に舵を切った。

時間をかけて痛みを伴う改革を行なったことで、仮想通貨業界のルール整備(市場健全化)に関しては、この一年間で他国に先駆けて大幅に進展したと言え、今後の発展が期待される。

Read more: https://coinpost.jp/?p=64083&from=in_line&fbclid=IwAR3233wdhE2s27MR09ZdrVmTHx-xaf6HD2ZOiQw5vfN-JuNxX2tnah4f-EE

Share this post