Europe, blockchain, Ripple, the NEM Foundation, Emurgo

Ripple, NEM & Two Others Launch ‘Blockchain for Europe’ Association

Four major blockchain companies have formed a “Blockchain for Europe” Association, according to a press release Dec. 5. The association seeks to promote the understanding and proactive regulation of blockchain and other distributed ledger (DLT) technologies across the continent.

The four participant companies are Ripple, the NEM Foundation, Emurgo – which supports commercial ventures based on the Cardano blockchain – and “smart ledger” development firm Fetch.AI. The firms have outlined the Association’s aim as addressing the European Union’s “fragmented” policy debate around blockchain, which they claim is skewed by “inconsistent” information from those outside the emerging sector.

欧州においてブロックチェーンや仮想通貨に関する規制が不明確な状況を打破すべく、リップル社やネム財団等4社ブロックチェーン技術を促進する事が新たな団体「Blockchain for Europe」を結成するが発表された。

プレスリリースによると、ブロックチェーン業界が団結して責任ある規制当局や政治家へこの新興技術の可能性を訴える「Blockchain for Europe」は欧州において初の団体となり、参加企業は以下の通りである。

  • リップル社
  • ネム財団
  • Emurgo
  • Fetch.AI.

今回、ヨーロッパにおけるブロックチェーン企業4社が団体結成し、発足する「Blockchain for Europe」がなぜ大事であるかの重要点をまとめた。

  • 欧州規制当局への企業側からの直接的な呼びかけ
  • リップル社とネム財団等、ユースケースと説得力のあるブロックチェーン企業の提携
  • 欧州のブロックチェーン技術関連のイノベーションを促す団体が増えた

新たに発足されたBlockchain for EuropeはEUにおいて「断片化」しているブロックチェーン技術規制に関する対談で、「欠けている」としている業界からの直接的な情報や意見を提供する意向を示している。

またNEM財団の共同設立者であるKristof Van de Reck氏はプレスリリース内で「偏りのない情報」の必要性を強調した。

Read more: https://cointelegraph.com/news/ripple-nem-two-others-launch-blockchain-for-europe-association

Read more in Japanese:  https://coinpost.jp/?p=59029&from=new_top

Share this post

0